深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



サクガン 第2話 感想 細かいところが気になる性分なもので・・・。


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 作画良い。

 ビックトニーの生き生きとした動きは、ほんと素晴らしい。

 

 

 だがしかし。

 

 ビッグトニーVS怪獣がメインで、盛り上がる回のはずだが、細かいところが気になって、せっかくのアクションに入って行けなかった。

 

f:id:wegowalk4:20211022194951p:plain



 まず、ビッグトニーの起動シーン。

 

 ガガンバーは、起動しないビッグトニーのコンクピットをぶっ叩いて無理やり起動する。

 

 古いネタだなぁ・・・・。一周回って、今の若い人たちには新しく写ったりするのだろうか。

 

 どうせ使い古されたネタを使うなら、そのプログラムの起動を、メメンプーが一発で起動させた方がかっこよくないか?SEEDの二番煎じにはなるけれど。

 

f:id:wegowalk4:20211022200902p:plain



 まずは、足が届かないから、手でアクセルを押し込むシーン。

 足で押せないのに、足よりもはるかに短く、しかも大きな上半身を突っ込んで押せるってのは、どういうこと??その狭いスペースに、頭を突っ込むほうが難しそうだが。

 

f:id:wegowalk4:20211022200915p:plain



f:id:wegowalk4:20211022201015p:plain



 次に、メメンプーの、「見てる」ってセリフ。

 味方がたくさんいる状態で、メメンプー達が追いかけられるんだったら分かる。

 でも、一対一の状態で見てるってのはどういうことだ・・・?こっちの感覚がおかしいのか。

 

 

f:id:wegowalk4:20211022201119p:plain

 次は、ガガンバーが、メメンプーに道案内を頼むと、メメンプーは急に弱気になってしまう。

 剣を持って鬼と戦えと言ってるんじゃないんだぜ・・・?

 これまでの流れから言って、そこでメメンプーが弱気になるのはかなり違和感があった。

 

 画は、ホント素晴らしい出来。

 だけど、第2話は、全編ツッコミどころ満載で、せっかくの戦闘シーンがだいなしとはいえないまでも、全然盛り上がれずに見ることになってしまった。

 

 この作品は、グレンラガンデカダンスに似てるけど、いずれの作品にも遠く及ばない。

 

 第3話もこんな調子だったら、そこで斬り捨て御免かな。

 

wegowalk4.hatenablog.com