深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



海賊王女 第2話 感想 脚本は誰が書いているか


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 あんまり感心しなかったなーという印象。

 

 脚本を書いているのは窪山阿佐子氏。
 でも、とても女性が書いたとは思えない脚本だ。

 

f:id:wegowalk4:20211028191649p:plain

 

 まずは髪を切ってしまった後のシーン。

 

 女性にとって、長い髪を切るというのは、かなりの想いがあるはず。
 それをすっ飛ばしてしまうっていうのは、どういうことなんだろうか。

 

f:id:wegowalk4:20211028191745p:plain

 

 それと、前回もそうだけど、雪丸がフェナの頭を叩くってのは良いのか。

 

 このご時世、男が女性に対して暴力を振るうっていうのは良いことではない。


 もちろん、アニメなのだから、そういう作品もある。

 

 しかし、そういうのはアホガールみたいなギャグ作品であれば許される。

 この作品には合っているとは思えない。

 

 増してや、このアニメは海外でやるということだけど、そういう暴力には、日本よりも見方が厳しいんじゃないだろうか。

 

 それにしても、脚本を担当している窪山阿佐子氏は、いったい何者なのだ。

 ググってみても、氏の作品がひとつもヒットしない。

 

 おそらく、これが初めての脚本なんだろう。

 

 これは邪推だが、氏が描いた脚本では、髪を切るシーンが入っていたけど、会議でそのシーンは省略しよう!ということになったのではなかろうか。

 

 さらにその会議で、雪丸がフェナの頭をたたくことをお約束にしよう!その方が面白い!

 みたいなアイディアが無理やり入れられたとか?

 

 画はとにかく綺麗。でも、これがここから面白い作品になるという感じはしない。