深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



現実主義勇者の王国再建記 第26話(最終回) 感想 オリジナリティあふれる秀作


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20220403072355p:plain


 TVアニメ「現実主義勇者の王国再建記」が無事最終回を迎えた。スタッフ、関係者、声優のみなさん、大変お疲れ様でした。

 

 主人公はそれらしい戦闘力を持たず、現実世界の知識を頼りに国造りを進める過程を描くという稀有なこの作品は、パターン化された異世界アニメの中でもオリジナリティがあふれる存在で、毎回新鮮な気持ちで楽しむことができた。

 

 奇をてらうだけでなく、脚本はしっかりと作り込まれている。今回の話も、あの序盤の軽い展開にこんな重いバックストーリーがあったのかと驚かされるばかりである。それだけでなく、ちょい役のゲオルグ、何よりリーシアへの好感度が爆上がりだ。いや、実に良い脚本であった。

 

 このアニメの気になる点として、ちょっと作画が弱いところがある。しかし、今回は最終回ということだからか、かなりの安定度であった。ソーマとリーシアのキスシーンは花火をバックにするもので、小説の美しい1枚絵と比べても、なかなかの感動があった。

 

 

 ソーマ達の国造りはまだ道半ば。3期にも期待しています。