深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



処刑少女の生きる道 第1話 感想 パターン化から脱却を図れるか


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20220403192705p:plain



 TVアニメ「処刑少女の生きる道」は、(しょけいしょうじょのバージンロード)は、佐藤真登による日本のライトノベルのアニメ化作品である。

 

 原作は、第11回GA文庫大賞の大賞受賞作で、GA文庫SBクリエイティブ)より2019年7月から刊行されている。GA文庫大賞において大賞が選出されるのは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』以来7年ぶりとのことだ。

 

 

 なるほど、大賞を受けただけあって、第1話はよく出来た内容だった。

 

 異世界転生ものの作品は、もう星の数ほど出されていて、概ねパターン化されている。そんな中、そのパターン化からなんとか脱却しようという意図がみえる。しかも、話としてそれなりにインパクトがあるし、何やら謎も示されているので、先が気になる展開となっている。

 

 といいつつも、抜け出せてそうで抜け出せてないようなところもある。主人公メノウのキャラデザや味付けは悪くないが、突出したところもみえない。

 

 制作会社はJ.C.STAFF

 

 昔は質の低いアニメを量産しているというイメージがあったが、最近は作画の能力は格段に上がり、脚本や演出の質も上がっている。

 

 ここから面白くなるかどうかは、五分五分といったところかな。