深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ラブオールプレー 第1話 感想 王道スポーツアニメ


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 TVアニメ『ラブオールプレー』(LOVE ALL PLAY)は、小瀬木麻美氏による小説のアニメ化作品である。2011年から2014年にかけてポプラ社より全4巻が発売された。

 

 バドミントンを題材とした青春物語を描いた小説で、タイトルは試合開始時に審判が発する台詞から採られたものである。

 

 第1話はスポーツアニメの王道。部活でバドミントンをやっている発展途上の主人公が、強豪校にスカウトされるところから物語がはじまる。

 

 脚本は実に自然で、特にひっかかるところも無い。

 そんな完璧な姉がいてたまるかという、軽い妬みのようなものは感じるが、30分楽しくみてしまった。

 

 作画も演出も声優さんの演技も良い感じ。

 

 ここから魅力的なストーリーを展開してくれそうな気がするので、視聴を継続することにする。

 

 バドミントンを題材にしたアニメって珍しいなと思ってしまったけど、はねバド!があったな・・・。自分の記憶力よ・・・。