深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ブラック★★ロックシューター DAWN FALL 第1話 感想 目新しさは無い


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20220405085430p:plain



 TVアニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」は、日本のイラストレーター、hukeによってデザインされたキャラクター、ブラック★ロックシューターを元にした楽曲・アニメーション・TVゲーム作品のひとつである。

 </p

 TVアニメは、すでに2012年2月2日より3月まで、フジテレビ「ノイタミナ」枠およびニコニコチャンネルにて放送されている。

 

 この「DAWN FALL」には、2期という表現は見当たらないが、第1話を見る限り、どうやら続編のようだ。

 

 ブラックロックシューターを含め、登場人物たちのキャラクターのデザインは悪くない。敵キャラの存在感もなかなか。動画の動きも悪くないので、30分とりあえず見ることができた。

 

 ただし、あまり目新しさは無いし、ひっかかるところも多い。

 

 ストーリーは、電子知能の暴走、人類敵対化という背景の中、記憶喪失の主人公が目覚めるというテンプレ。

 

 ブラックロックシューターが、見捨てるのは違うといいつつ、自分たちを助けてくれた人たちを見殺しにしているという矛盾もある。

 

 細かいところでは、EDのスタッフ紹介等のフォントが妙に小さかったことだ。どうでも良さそうなことだけれど、こういう視聴者のことを考えてないアニメってのはだいたいつまらないことが多い。

 

 この先、見る価値があるかどうかはなかなか微妙なところである。