深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



魔法使い黎明期 第1話 感想 セリフでの説明が多すぎる


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  TVアニメ『魔法使い黎明期』は、虎走かける氏によるライトノベルのアニメ化作品である。

 

 虎走かける氏は、アニメ化もされた「ゼロの使い魔」の作者でもある。そしてこの「魔法使い黎明期」は、「ゼロの使い魔」の続編なのだそうだ。

 

 

 

 

 その黎明期の第1話は、あんまり見るところが無いな、という印象。

 

 特に、主人公にまったく特徴が無いのは問題だ。特徴があればよいというわけではないが、それにしても没個性すぎやしないか。

 

 それと、ナレーションは使わないまでも、物語の背景などをすべてセリフで説明しているところがよろしくない。

 

 もしかしたらゼロの使い魔をみていれば色々と思うところがあるのかもしれないが、それは見ていないので、そこも評価できない。

 

 画は良いけど、とりあえず見る必要は無さそうかな。