深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



映画 シン・ウルトラマン 感想


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20220515172743j:image

 

 映画のシン・ウルトラマンを観てきた。

 とりあえず、ウルトラマンの造形と、音楽は問答無用で良かった。

 フィギュアと音楽集欲しくなった。

 

 

 

 シン・ゴジラにはすごい感動して、映画館に2回行った。

 でも、ウルトラマンについては、残念ながら、ゴジラほどのインパクトは無かったかな。

 

 以下、ネタバレの感想へと続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、良かった点。

 

 ウルトラマンの造形と音楽を含めて、効果音とか演出とか、全般的に初代ウルトラマンを意識したつくりで、すごく良かった。

 

 次は、ガボラを倒すところまでの脚本。序盤からここまでは、ほんと楽しくみていた。

 怪獣やウルトラマンが実際に現れたらどうなるか、というところは、シン・ゴジラと同じテイストで、政府を巻き込んでの会話は実に興味深かった。

 

 それと、俳優さんたちの演技。斉藤工さんをはじめとして、みんな好演だったと思う。

 

 良くなかった点は、ザラブ星人たちが出てくるあたりからの脚本だ。感想としては、概ね以下のサイトに同感だ。

 

cinema.ne.jp

 

 少し難解な脚本であるにも関わらず、全体的にちょっと詰め込みすぎで、説明不足のところがあった。

 

 多少長くなっても良かったから、もっと脚本に厚みをもたせても良かったかもしれない。

 

 でも、映画を観てきた人の感想をみると、概ね高評価になっている。

 

 色々書いたけど、映像はすごいし、良いところがいっぱいあるので、興味がある方は、映画館に行くことをオススメします。