深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



恋は世界征服のあとで 第12話(最終回) 感想 今期最大のサプライズ


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ




 「恋は世界征服のあとで」の最終回がとにかく良かったのである。

 

 最終回らしく、強大な敵が登場、不動のピンチにデス美さんが駆けつける王道展開。

 

 それに加え、怪人を能力取り込み型にしてウェディングケーキを食べさせてケーキに変身させて、ジェラートファイブの新型剣でケーキ入刀を達成。

 

 原作者様は天才じゃなかろうか。

 

 そのアイディアもすごいけれど、オチまでの伏線というか、話の組み立てがものすごく考えられている。 

 不動とデス美さんが、二人で剣を振るまでの流れは、もう完璧というほかはない。

 

 作画も、ここへきて数段クオリティがアップした。

 

 ここまでの作画は、若干荒いような気もしていたけど、これはわざと原作に寄せていたのかな。

 最終回のバトルシーンでは、制作会社のプロジェクトNo.9の本気をみた。この調子でがんばっていただきたい。

 

 最終回を観終わったとき、かなり心地よい爽快感が残った。軽いノリのタイトルから、まさかこんなに面白くなるとは予想外だった。個人的に、今期最大のサプライズ。

 

 第1話からテンション下がるような回は無かったし、作画も安定していた。これは、後世に語り継ぐべき良作といえるのではなかろうか。

 

 関係者、スタッフ、声優のみなさん、良い作品をありがとうございました。

 原作のストックが溜まったら、ぜひ2期をお願いしたいです。