深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



リコリス・リコイル 最終回 第13話 感想  面白かった。ただ・・。


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 


 TVアニメ「リコリス・リコイル」が、無事大団円を迎えた。

 

 まずは、このハイクオリティなアニメを作り上げたスタッフ、関係者、声優のみなさん、素晴らしいアニメをありがとうございました。

 

 作画、演出はほぼ完璧。クオリティの高い作画は最後まで崩れることがなく、アクションシーンは毎回凄まじい迫力であった。

 

 そして、何度もいうけれど、いみぎむるさんのキャラデザは本当に魅力的。このキャラクターが動くところをみられるだけでも、このアニメを視聴する価値がある。

 

 ただ、少しだけ難点をつけるとするのなら、ストーリーには今ひとつ入り込みにくいところがあった。

 

 特に、吉松が千束に殺人マシーンとなることを強要する行動原理には、どうしても納得しにくかった。

 

 そしてもう一つ、千束の相棒のたきなには、もう少し強いところがあってもよかったかな・・・

 

 といいつつも、夏アニメの派遣を争うレベルで面白かったアニメでした。特に、第2話のビル内の戦闘シーンは、今も見返すぐらい良かったです。また、こういうアニメに出会いたいものです。