深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 第1話 感想  色々と惜しい

f:id:wegowalk4:20201018091428p:plain

魔法が存在する世界のファンタジーアニメ。

頑張ってる感はあるけれど、色々と惜しい。


○ストーリー、脚本

 若干、わかりにくい。

 戦争がどうのこうのと言ってるけど、そのシーンが無いので、どんな戦争なのかよく分からない。

 悲惨なことになっているのかと思ったけど、普通にファミレスのバイトシーンが出てきたり、平和な中立国が出てきたり。

 やりたいことは分かるけど、説得力に欠けるかな。

 それとも、視聴者が小説を読んでること前提?


○キャラクター

 主人公に、特徴が乏しい。

 前にどこかでみたような感じだし。

 これだけアニメが量産されていると、特徴的な主人公を編みだすのも難しいだろうけど、もうちょっとこう、何かあったほうが良いのでは。

 

 

f:id:wegowalk4:20201018182158p:plain

ついでに、目の表現もあまり好みじゃない。

瞳の中央に、横線入れるのはどうかと思う。


○声優

みんな上手です。

雨宮天さんの声は、やっぱり良いですね。


○絵コンテ・作画、演出

ここもやっぱり問題がある。

 

例えば、序盤、剣で足かせを切るところ。

f:id:wegowalk4:20201018085936p:plain

 あまりにも不自然すぎる。

 例えば、剣が光って、錠前に日々が入るとか、そんな演出が欲しい。

 

 そのほか、戦闘シーンで、敵がこちらの攻撃を待っていたり、間とか見せ方がイマイチだったり。

 

 おそらく、絵コンテや演出してる人は、動画になったときにどんな風になるか、想像できていないんじゃなかろうか。


 あと、氷の魔女(?)が周囲を凍らせる魔法を使うんだけど、なんで主人公たちは凍ってないのかとか。 

 

 それと、

f:id:wegowalk4:20201018091532p:plain

 これは、さすがに強引すぎるだろう・・・。

 何かもうちょっと前フリがあれば違うだろうけど。



○総評

 と、文句ばかり行っていたけど、こういうファンタジーを舞台にしたアニメは嫌いじゃないし、今後も見続けたい。

 過去のアイディアを使い回すのもある程度は許容範囲。

 だけど、もうちょっと頑張らないと、売上は上がらないんじゃないかな・・・。