深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



プラネット・ウィズ 第1話 感想 有能なスタッフによる秀逸アニメ


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


ancb02655

 

『プラネット・ウィズ』は、J.C.STAFF制作によるオリジナルアニメである。

 原作は、漫画家・水上悟志が描き下ろした1074ページのネームということだ。

 

水上悟志氏といえば、惑星のさみだれで有名な漫画家である。

 1巻を読んだあと、続きが気になり、一気に全巻購入してしまった。

最初から最期までテンションが落ちずに、ラストまで読ませるストーリーは、ほんとに素晴らしかった。

 

その実力派漫画家が描くプラネット・ウィズは、

 夢オチとか、主人公が記憶喪失とか、どこかでみたようなものではあるが、

それでも、話の流れが丁寧につくられているために疑問点が出てこないし、話の最中に謎が出てくるので先が気になり、目が離せなくなる。

 

今回は序盤の序盤ではあるが、第2話に視聴者をつなげるであろう、十分な出来であった。

 

  

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ