深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



テスラノート 第1話 感想 エクスアームの悪夢再び


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 TVアニメ『テスラノート』(TESLA NOTE)は、原作を西田征史氏と久保忠佳氏、作画を三宮宏太氏が担当する同名漫画のアニメ化作品である。

 

 

 

 

 アバンをみて驚いた。

 

f:id:wegowalk4:20211015193627p:plain

 

 手書きによるキャラクターとCGによるキャラクターが混在している。

 

 この手法は、悪名高いエクスアームによって、業界が懲りたんじゃなかったのか。

 

 

 凄まじい違和感に、思わずストップボタンに手が伸びるが、とりあえず我慢して視聴することにした。

 

 エクスアームを思い出してみると、CGの動きは悪くない。

 とはいえ、すこぶる良いというほどでもない。

 

 そして、やっぱり本編でも手書きとCGの混在が続くので、違和感が半端なく、物語に入り込めない。

 

 ストーリーにギャグが交じるけど、CGでやるので、やっぱり違和感が大きすぎる。

 

 ・・・それにしても、クオリティは多少良いとはいえ、CGの雰囲気がエクスアームそっくりだ。

 

 テスラノートの製作会社は、ギャンビットとなっている。一方、エクスアームの製作会社は、ビジュアルフライトであった。

 

 会社名が違うものの、おそらく作っている人たちは同じだろう。

 

 これって、商業的にどんな仕組みになっているんだろうか。

 ものすごくきな臭い匂いがする。

 

 小原好美さんら声優さんの無駄遣いだな、これは。