深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい





盾の勇者の成り上がり 第20話 感想  せっかくの良い原作がだいなし


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20190526205935p:plain

 

アニオリがいくらなんでも多すぎる。

うまく原作を生かしていれば良いけれど、はっきりいって原作が台無しだ。

 

 

f:id:wegowalk4:20190526205354p:plain


f:id:wegowalk4:20190526205420p:plain

 

 教皇と退治している最中で、しかも教皇の大技(?)が完成しようとしているのに、尚文たちはダラダラと会話を続ける。

 

アニメでは、主人公たちの会話を敵が待っている状態になるときがあるけれど、いくらなんでも長すぎだ。

 

原作を読んでみたけれど、シンプルでわかりやすくて面白かった。 

 

 

とにかく、2クールで「あのシーン」までにしようとした結果だろう。

やっぱり、一定の話数で収めなければならないというアニメのしばりは、どこかでなくすべきではないか?