深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



安達としまむら 第11話 感想 こういうぎりぎりもあるのだな


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20201219191147p:plain


見えそうで見えない・・・のぎりぎりではなく。

  

最初は、コミュ障を発揮して、しまむらに近づけなかった安達。

しかし、へんな占い師に遭遇したのをきっかけに、

f:id:wegowalk4:20201219191322p:plain

 

ぐいぐいとしまむらに迫る。

それはもうぐいぐいと。

 

 

 

 

f:id:wegowalk4:20201219192804p:plain

f:id:wegowalk4:20201219192823p:plain

 

視聴者の立場からみていても、ストーカーといわれてもおかしくないギリギリのライン。

これはしまむらに拒否られるんじゃ?

と、ちょっとドキドキした。

しまむらが、電話終わろうかって言ったときはマジであせった。

 

f:id:wegowalk4:20201219192955p:plain

f:id:wegowalk4:20201219193011p:plain

しまむらの、「安達の気持ちは悪い気はしない」の言葉に、泣き出してしまう安達。

それなりに、安達のことを受け入れているしまむらに、ちょっとグッときてしまった。

 

今回も面白かった。

ストーリーも良いけど、作画も毎回素晴らしい。