深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



安達としまむら 第12話(最終回) 感想 ぶれないコンセプト


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

 普通の友達としてしか安達をみていないしまむら

 普通以上の関係に踏み込みたい安達。

 

 安達の要求は、ちょっとうざいくらいのレベルでエスカレートしていく。

 

 こちらとしては、しまむらが拒否しちゃうんじゃないかとハラハラしているんだけど、しまむらは、それをことごとく受け入れている。

 

 このアニメのいいところは、そういうところかな。

 ハラハラしつつも、しまむらの包容力を楽しむというか。

 

 このコンセプトは最初からずっと変わらない。

 

 ストーリーもそうだけど、

f:id:wegowalk4:20201230182823p:plain

 この、太ももへの異常なフォーカスも変わらないw

 

 そういう意味では、非常に安定していたアニメといえるのではなかろうか。

 

 ぜひ、2期の制作を希望する。