深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



恋と呼ぶには気持ち悪い 4話 感想 コミックス原作をアニメ化するならこういう風に


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



 「恋と呼ぶには気持ち悪い」第4話がとにかく良かったのである。

 

 第4話は、一花が、亮にお礼としてクリスマスプレゼントを渡そうとするのだが、亮も一花にプレゼントを用意していたという話だ。

 

 原作の中でも良いエピソードの一つで、どんな風にアニメ化されるのか注目していた。感想は、冒頭に述べたとおりだ。

 

 コミックスを原作としてアニメ化される場合、原作を生かしてそのままアニメ化されるか、もしくはアニオリが加えられるか、改変されるかという選択肢があるが、今回はわりと原作準拠となった。

 

 しかし、キラキラのイルミネーションや、一花の動きに細かい描写が加えられ、さらに声優さんの演技もあいまって、非常に良いものになった。

 

f:id:wegowalk4:20210505121935p:plain

 

 作画は、トップクラスとは言い難いものの、比較的綺麗に描かれているし、モブもちゃんと動いている。全体的に細かいところまで手が入っていて、丁寧に作品がつくられていると感じる。

 このあたりは、監督の中山奈緒美さん、シリーズ構成の柿原優子の力が大きいのではなかろうか。

 

 コミックスを原作としたアニメ化は、こんな感じで、原作を生かしつつ、アニメならではの表現を加え、丁寧につくってほしいところである。

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い Blu-ray Vol.3

恋と呼ぶには気持ち悪い Blu-ray Vol.3

  • 発売日: 2021/10/06
  • メディア: Blu-ray