深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



現実主義勇者の王国再建記 第1話 感想 パロディを入れるのなら・・・


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20210706210542p:plain


 TVアニメ『現実主義勇者の王国再建記』は、どぜう丸氏の同名小説のアニメ化作品である。

 小説に加え、コミカライズも発刊されている。

 

  

 

  コミックは、少し荒い絵柄ならも比較的丁寧に描かれており、わりと面白く読むことができる。

 

 で、アニメの第1話は、あまり感心しなかった。

 

 原作とは構成をずいぶん変えているし、アニオリも入っている。しかし、これで面白くなっているかというと、そんな感じはしない。

 

 第1話は、見せ場の魔法を使うところで切るべきだと思うが、不必要に話を伸ばし、変なパロディも入れている。

 

 パロディは嫌いじゃない。しかし、最後のほうでいきなりパロディを突っ込まれても、こちらとしては受け入れられない。

 

 パロディを入れるのであれば、そういう作品だと最初の方にやんわりと示すべきである。例えば、メタ発言などを入れるとか。

 

 コミックスはこれからどんどん面白く展開していく。

 なるべくなら、あまり変な改変や演出は入れないで、動画や見せ方に工夫がみられると良いのだが。