深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



最果てのパラディン 第1話 感想 見せ場がわかりにくかった


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 TVアニメ『最果てのパラディン』は、柳野かなたに氏よる小説のアニメ化作品である。

 

 

メディアミックスとして、2017年9月25日よりWebコミック誌『コミックガルド』で奥橋睦氏によるコミカライズ版が連載されている。

 

 異世界転生し、目覚めてみたらなぜかアンデッドに育てられていた、というのは珍しい展開だ。

 

 「進化の実~」のような、典型的な異世界転生ものと比べると工夫がみられるので、やや好感が持てる。

 

 魔法の解釈など、世界観が独特なのも面白い。 

 

 問題は、第1話のクライマックスシーン。

f:id:wegowalk4:20211017130302p:plain



 主人公が食べていたパンは、マリーが体を焼かれながら祈りを捧げた代償で得たものだった。

 

 マリーの献身的な行動で「さあ、視聴者のみなさん感動してください」ということなんだろうけど、正直ピンとこなかった。

 

 最初は、自分の体から火を出して、パンを焼いているのかと思ったし。

 

 原作も同じような展開なのだろうか。

 機会があったら読んでみたい。