深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



TVアニメ 「ブルーピリオド」の単行本がすごい


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

 現在放送中のTVアニメ「ブルーピリオド」は、山口つばさ氏による漫画のアニメ化作品である。

 

 アニメが超面白かったので、単行本を購入してみた。

 

 普段は電子書籍なんだけど、最近疲れ目なので、久々に紙の本にした。

 

 すごかった。

 

 語彙力がないからこんな表現になってしまうけど、こんなすごい漫画を読んだのは久々だ。

 

 ストーリーはアニメでみたから当然知っている。

 しかし、アニメとは「画」が違うのだ。

 

 細めの線とベタ塗りのスクリーントーンが多用された絵柄も独特で綺麗だけど、それよりも特筆すべきは構図。

 

 作者の山口つばさ氏は東京藝術大学卒だけあって、画の構図がすごい。

 

 きっと、いずれの画もなんらかの計算がされているか、名画の構図が使われているんじゃないだろうか。

 ほかの漫画には無い、圧倒的な迫力を感じる。

 

 更に言うなら、この漫画は、電子書籍よりも、紙で読んだほうが絶対良いと思う。

 

 真っ白いキャンパスが描かれるシーンがあったりするんだけど、それは電子書籍より紙のほうが質感が感じられる・・・当たり前といえば当たり前だけど。

 

 また、アニメは尺の関係で、けっこう原作の内容が端折られているところがある。

 特に、龍二、桑名、橋田らサブキャラクターについては、原作を読んだほうが、アニメのストーリーをより楽しめるようになると思う。

 

 ついでに、コミックには、4コママンガや、作画に関わるスタッフの紹介というオマケもついている。

 

 アニメブルーピリオドの世界にはまった人には、ぜひ買って読んでみて欲しい。