深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



月とライカ と吸血姫 第12話(最終回) 感想 期待は超えなかった


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20211221210040p:plain

 

 TVアニメ「月とライカ と吸血姫」が無事最終回を迎えた。

 

 まずは、関係者、スタッフ、声優のみなさん、お疲れさまでした。

 

 さて、内容はどうだったかというと、途中までは良かったけど、ラストがイマイチだったというところか。

 

 イリナが月へ行って、そのあとにもう一波乱、という展開は面白い。

 だけど、最後の一波乱のところの説得力が弱かった。

 

 もともと、人間の血を吸うとはいえ吸血鬼がなんでこんな忌み嫌われているのか、という描写が乏しかったし、嫌われているとしたら、最後のエピソードで拍手がおきるところもかなり不自然だった。

 

 ついでに、最後のスローガン的な終わり方もあんまり好きじゃない。もう少し、現実的な会話で余韻をもたせても良かったのでは。

 

 といいつつも、最後まで視聴者を惹きつけた作画や演出、ストーリーはなかなかのもの。特に、神秘的なイリナのキャラデザは秀逸であった。