深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



重神機パンドーラ 第4話 盛り返してきた

第1話ではセンスの無さに切ろうかどうか迷っていたパンドーラ。第4話は、なかなか見どころが多かった。

 

f:id:wegowalk4:20180428110112j:plain

大型B.R.A.Iのデザインがなかなか凝っている。

 

また、
大型B.R.A.Iに対し、ネオ翔龍の武器が効かないこと、

大型B.R.A.Iの攻撃パターンの分析、対策の方法、

ハイパードライブを積んだMOEVにレオンしか乗れないこと、

などなど、物語の構成上必要な説明がちゃんとされたことで、すんなりと物語を楽しむことができた。

 

f:id:wegowalk4:20180428110602j:plain

作画は今回もクオリティが高く、特にレオンが特攻するシーンは、爽快感があり、思わず目を奪われた。

 

だが、細かいディテールで引っかかるところも多かった。

 

f:id:wegowalk4:20180428111038j:plain

出撃の前、レオンとクロエの交流を描くシーンだが、B.R.A.Iが迫っている状況なのだから、少し急ぐ描写が欲しい。

 

f:id:wegowalk4:20180428111252j:plain

Bパートに、唐突に挿入された敵側の描写。はっきりいって、時間が短すぎる

敵側とはっきり分かるようにもう少し尺を取るべきだった。

 

f:id:wegowalk4:20180428111403j:plain

ダグ「恨むなよ、学者先生」

ハイパードライブが暴走していないのに、なぜ狙撃しようとする・・・・!?

 

 

f:id:wegowalk4:20180428111513j:plain

そして、なぜかここで家族契約を言い始めるレオン。

 

これは想像だが、B.R.A.I登場から破壊、レオンとジェイの確執、レオンとクロエの過去、敵の存在など、多くの要素を詰め込もうとして、必要な描写が削られてしまったのではなかろうか。

 

必要な描写とはつまり、

①レオンはハイパードライブ搭載のB.R.A.Iで特攻するも、攻撃が通じず、暴走の兆候が現れる。

②それをみて、ダグが狙撃の準備に入る。

③ハイパードライブの安定性は、レオンの精神状態に大きく受ける。そうだ、精神を安定させるために、家族契約を再確認しよう!

④家族契約を唱える

⑤ハイパードライブ安定

・・・ということだったのだが、尺の関係で、①と③と⑤が削除されてしまったいうのなら、納得が行きやすい。

 

作画班は大変になるが、この回は見せ場なのだから、ダーリン・イン・ザ・フランキスのように、OPをなくし、EDも物語の一部として使ってもよかった。

 

なんだかんだと書いているが、貴重なSFロボットアニメなので、もうしばらく視聴を継続する。

 

ランキングクリックお願いします。
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ