深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!  第1話 感想  


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


TVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』は、海空りく氏による同名小説のアニメ化作品である。

 

小説に加えて、コミカライズも発刊中。 

 

 

 

 海空りく氏の名はどこかで聞いたことがあった気がした。

秀作、「落第騎士の英雄譚」の作者であった。 

 第1話は、かなりいい出来なので、時間があったら観てほしい。

 

 『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』のストーリーは、単純明快。タイトル通り、才能に溢れた高校生たちが、異世界で無双する話である。

 

コミカライズの1巻を読んだところ、7人の高校生たちは個性的で、話も爽快感があって面白かった。

特に、高校生総理大臣がいるというところが良い。

 

あとはアニメがどの程度のクオリティでアニメ化されるか。

 

f:id:wegowalk4:20191009200703p:plain

f:id:wegowalk4:20191009200712p:plain

f:id:wegowalk4:20191009200729p:plain

f:id:wegowalk4:20191009200738p:plain

作画のクオリティは高いし、動きもいい。
話のテンポも悪くない。

問題の口移しシーンも、こちらの想像を超えるねっとり感。

 

制作会社の「project No9 プロジェクトナンバーナイン」は、若干当たり外れが多いけど、今回はあたりのスタッフが揃ったようだ。

 

問答無用で視聴決定。