深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



Fate/GrandOrder 絶対魔獣戦線バビロニア 第8話 感想  作画は素晴らしいが・・・


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20191130085607p:plain



 

作画は、「素晴らしい」の一言。

牛若丸とレオニダスのバトルシーンは、まるで劇場映画のようだ。

 

だがしかし、どうにもこうにも脚本が良くない。

 

まかせろ!といいながら、すぐに引っ込むマーリン。

必殺技を使ったけど、逆にやられている牛若丸。

自分は偽物だったという弁慶。

そして、そこにいるのに、ただ見ているだけの藤丸とマシュー。

 

ネットでみていると、それぞれに理由はあるらしい。

 

でも、なんの知識もなくこの回だけをみていると、

前述の内容のせいで、せっかくの超絶作画のバトルシーンすらしらけてしまうのだ。

 

このへんは好みもあるかもしれない。

fateシリーズであれば、弱いのになんとかしようとする衛宮士郎とかの方が好感が持てる。

 

今回であれば、藤丸とマシューが、動けないような状況に持っていくべきじゃなかっただろうか。

 

最初に突っ込んで怪我をして、気絶でもさせておくとか。

北斗の拳ケンシロウのように、トキに動けなくさせられるとか。

 

前期にやっていた「魔眼収集終列車」も主人公がちょっと薄かった。このバビロニアは、輪をかけて主人公の存在が薄い。

 

台詞回しも作画も大事だけど、まずは主人公を立てないと、せっかくの作画もだいなしとはいわないまでも、効果が薄くなってしまうのではないかな。