深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



八男って、それはないでしょう! 第1話 感想 とりあえず様子見


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 TVアニメ『八男って、それはないでしょう!』は、 Y.A氏による小説のアニメ化作品である。

 いわゆる、なろう小説であり、典型的な異世界ものだ。

 

 異世界もののアニメは腐るほど溢れており、視聴者としてもかなり飽きがきていると思われる。

 

 視聴者を引きつけるには、この作品ならではのオリジナリティを発揮し、他の異世界ものと差別化を図っていく必要がある。

 

 そんな問題を意識しているのかどうかは分からないが、アニメの第1話は、小説ともコミカライズとも違う、かなりアニオリを含めてきたようだ。

 

 ただ、これが面白かったかと言うとかなり微妙。

 

 台詞回しでいえば、10年経過しているのに、まだサラリーマンを引きずっているのは不自然。

 

f:id:wegowalk4:20200403201532p:plain



 見せ場の魔法を使うシーンも、構図や迫力が今ひとつ。

 変態問題アニメ異種族レビュアーズのレベルにすら達していない。

 

f:id:wegowalk4:20200403201425p:plain

というか、その肩アーマーは何なのだ?めっちゃ不自然。

 

f:id:wegowalk4:20200403201358p:plain



 作画はがんばっているようなので、もうしばらく視聴する。