深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



オルタンシア・サーガ 第1話 感想 戦記物は鬼門


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 TVアニメ「オルタンシア・サーガ」は、スマートフォンアプリ『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』を基につくられたアニメである。

 

 スマホゲームを基にしたアニメは、だいたいがつまらない。というのはもう何度も書いてきた。

 それに加え、中世のような時代を舞台とした戦記物のアニメも、だいたいつまらないものになってしまう。

 

 理由はいくつかある。

 

 まずは脚本。

 戦記物というと、基本的には国同士の戦争という話になる。国同士の政治的な関係などの難しいテーマを上手く消化して、面白いと思えるような脚本を書くのは、至難の業と思われる。

 ただでさえ難しいのに、スマホゲームに合わせて脚本を書いたところで、まともなものが出来てくるわけがない。

 

 次に作画。

 戦記物なんだから、当然大人数の合戦のシーンが必要となってくる。だが、深夜アニメにはたいした予算もかけられないから、多くの人が動くような迫力ある戦闘シーンをつくるのは難しい。

 「オルタンシア・サーガ」はまだがんばっていたほう。しかし、みんな動かすのは大変だから、多くの死人が広場にただ倒れているという不自然なシーンを描くことになってしまう。 

 

 そして、このオルタンシア・サーガには別の問題もある。

 主人公アルフレッドを演じる細谷さんと、主人公を補佐するモーリスを演じる津田さんの声がまるで合っていない。

  

 津田さんは上手なんだけど、どちらかというとアクの強い個性的な演技をする。ゴールデンカムイの尾形のようなハマリ役もあるけれど、キャラクターと合わないと津田さんの演技が違和感となって作品の質を落とす、なんてことにもなりかねない。

 

 

f:id:wegowalk4:20210117102512p:plain

 作画は良い。

 ライデンフィルムさんは、がんばってるな。

 

 というわけで、第1話は、作画が良かったぐらいで、ストーリーには感心しないし、主人公の声があってないという残念な点もあった。

 今季もかなり面白そうな作品が多いし、これは特に観る必要はないかな。