深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



精霊幻想記 第12話(最終回) 感想 どうしてこうなった


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20210922203141p:plain




 TVアニメ「精霊幻想記」が、無事最終回を迎えた。

 

 まずは、1クールアニメを作り上げた、スタッフのみなさんの労をねぎらいたい。

 大変お疲れさまでした。

 

 最初はちょっと怪しかったけど、作画は最終回に近づくにつれてどんどんクオリティが上がった。

 

f:id:wegowalk4:20210922203401p:plain



 特に最終回の作画は素晴らしい出来。

 戦闘シーンの動きの良さと迫力には、思わず声が出てしまったほどだ。

 

 

 だからこそ、稚拙なシリーズ構成には軽く怒りがこみ上げてくる。

 

 取って付けたような、あのCパートはなんなのだろうか。

 

 おそらくは、上の方から突然横槍が入ったのだろう。原作を売るために、3人の召喚シーンと、リオがその3人を助けるシーンを無理にでも入れろと。

 

 

f:id:wegowalk4:20210922203705p:plain

 ついでに、この演出も分からない。

 人間の召喚の合図にしては大げさすぎる。ここから、ラスボス的な敵が現れるのかと思った。

 

 このシーンもそうだけど、「精霊幻想記」では、センスがずれている演出が少なくない。逆に足りないと思えるシーンもある。そう考えると、脚本やシリーズ構成の担当のセンスが今ひとつというところか。

 

 作品ができあがったあとは、スタッフ全員で観たりするんだろうけど・・・。

 作画班はどう思うんだろう。最後の演出には、軽く怒ってもいんじゃなかろうか。