深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



終末のワルキューレ 第1話 感想 設定はこの上なく面白い


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20211002185514p:plain



 

 TVアニメ『終末のワルキューレ』は、梅村真也氏原作、フクイタクミ氏構成、アジチカ作画氏による同名漫画のアニメ化作品である。

 

 生身の人間が神と戦う。

 どう考えても無理ゲーだ。

 

 たいていの漫画やアニメにおいて、神は別格の存在だ。今、数多い異世界アニメなんて、神の手のひらの上で遊んでいるようなものである。

 

 物語としては、人間が神を倒せなければ物語は終わってしまう。

 でも、コミックスはそれなりに人気があり、現在12巻まで発刊されているところをみると、人間が神を倒すという展開がみられているのだろう。

 

 

 

 ここから、どうやって、人間がジャイアントキリングを達成するすのか、今後の展開が楽しみだ。

 

 作画、演出は実に素晴らしい。第1話としてはほぼ完璧。

 制作会社のグラフィニカさんは、最初は編集とか3DCGとかの協力だったけど、最近は制作に力を入れているようだ。

 この調子でがんばってほしいものである。