深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



リアデイルの大地にて 第1話 感想 原作の上澄みを掬ったような


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

 

 TVアニメ『リアデイルの大地にて』は、Ceez氏によるなろう系ライトノベルのアニメ化作品である。

 コミカライズも発刊中。

 

 

 事故で半身不随となっていた主人公が、なぜかVRMMORPGの世界へ転生(?)し、チートスキルで無双するという、わりとありがちなストーリーだ。

 

 この作品が「小説家になろう」でにて連載されていたのは、2010年11月から2012年12月。申し訳ないけど、ストーリーの目新しさはもう皆無といっていい。この作品を面白くできるかどうかは、アニメ化にあたってのシナリオ、演出、作画にかかってくる。

 

 じゃあ、作品化されたアニメが面白いのかというと、かなり厳しい感じがする。

 

 作画は悪くないけど普通。

 

 そしてシナリオにはあまり感心しない。

 

 原作は割と細かく様々な事柄を描写しているものの、アニメではかなりの部分をばっさりとカットしている。

 

 おそらくはケーナが酔っ払ったところで第1話を切りたかったんだろうけど、そのおかげで内容はかなり薄く、まるで原作の上澄みを掬ったようなものになってしまっている。

 

 湯水の如くアニメが生まれるこの状況で、はたしてこの作品をみる気になるかどうか。かなり疑問なところだ。