深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



阿波連さんははかれない  第1話 感想 素晴らしいアニメがはじまってしまった


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



 TVアニメ「阿波連さんははかれない」は、水あさと氏による同名マンガのアニメ化作品である。

 ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)2017年1月29日より隔週日曜更新で連載中だ。

 

 

 

 阿波連さんは、人との距離を測れない。体も声も小さい。

 そんなキャラ付けだけで、ここまでの話を展開させる、水あさと氏の手腕が素晴らしい。

 

f:id:wegowalk4:20220402093316p:plain

 

 アニメの方も、作画、演出、動画のテンポなど、ほぼ完璧。

 

 そして阿波連さんの声は水瀬いのりさんということで、これまた完璧なキャスティング。

 

 というわけで、第1話は文句のつけようがない出来。また、素晴らしいアニメがはじまってしまった。なんとか、このクオリティを保ったまま、最終回まで完走してほしいものである。

 

 特筆すべきは、制作体制だ。

 

 制作会社はbilibili。中国の会社だ。

 そしてアニメの制作は、日本のアニメ制作会社FelixFilm。

 スタッフの名前にも、ズラリと日本人の名前が並ぶ。

 つまり、お金は中国が出して、制作は日本、ってことだろうか?

 

 中国のアニメは年々クオリティが上がってきているけど、話の質はまだまだで、国の規制もあるらしい。

 もしかしたら、こんな感じで、中国がお金を出して、日本で制作、みたいな体制が増えていくかもしれない。

 

 ところで、阿波連さんははかれないの原作者、水あさと氏の作品、「デンキ街の本屋さん」も面白くてオススメです。