深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



怪人開発部の黒井津さん 第12話(最終回)感想 なんという業務量


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20220403113541p:plain



 TVアニメ「怪人開発部の黒井津さん」が、最終回を迎えた。

 

 最終回は、ヒーローアニメの、ザ・クライマックスというお祭り感があって、非常に良かった。

 

 海外資本の怪人組織が日本を乗っ取ろうとする中、これまでに登場したキャラクターやご当地ヒーローをこれでもかと大量に登場させ、さらに黒井津さんがブラックブレイダーに変身し、オリジナルのブレイダーと共闘する胸熱展開。

 

 よくわからん存在だった水木さんのアルバイトも実は伏線だったとはおそれいった。

 

 終わりよければすべて良しというが、この最終回で、作品の価値が数段上がったのではなかろうか。

 

 最終回を制作するにあたって、ご当地ヒーロー達との調整、そして無駄にごちゃごちゃしているご当地ヒーローたちの作画作業は、相当な業務量になったであろう。

 

 このアニメでは、少し作画が甘くなった回もあったけど、この最終回に、限られたリソースを振り分けた結果だったのかもしれない。

 

 関係者とスタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。素晴らしい仕事だったと思います。