深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



天狼 Sirius the Jaeger 第2話 感想 さすがのクオリティ。だがしかし・・・


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20180729120456p:plain

アニメ「天狼 Sirius the Jaeger」は、P.A.WORKS制作によるオリジナルアニメである。

 

第1話に続き、第2話も、P.A.WORKSは着実に実力をつけていることが伺えるクオリティであった。

 

ストーリーは丁寧に伏線をまいており、分かりにくいところや引っかかるところは微塵もない。

 

アクションシーンのスピード感と臨場感も素晴らしい。

思わず、他のことを忘れて引き込まれる完成度だ。

 

だがしかし、やはり「アイディア」のオリジナリティを問うてみると、かなり苦しいところがある。

 

はじめてこういったアニメをみる人にはいいが、深夜アニメや漫画を大量にみている人にとっては、あまり斬新さが感じられないのではないか。

 

第2話の終盤に出てきた「箱」というキーワードは「ユニコーンガンダム」で出てきたもの。

最期の「兄さん・・・・」も、ちょっと失笑が出てしまった。

 

クロムクロも、わりとどこかでみたようなアイディアが多かったが、もう少しオリジナリティのようなものがあったと思う。

天狼 Sirius the Jaegerは、できればここからは、これがこのアニメのオリジナルだ!というような展開を期待したい。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ