深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



デカダンス 第1話 感想 レベルは高い。期待できそう。


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20200710202158p:plain



 

 テレビアニメ『デカダンス』(DECA-DENCE)は、NUT制作によるオリジナルアニメ作品である。

 

 とりあえず、タイトルはどうにかならなかったのだろうか。

 

 アニメでも漫画でも、タイトルは大事だ。

 

 アニメの内容をイメージさせるものの方が望ましいし、少なくとも何か別のものを連想させるようではよろしくない。

 

 その点、この「デカダンス」は、どうしたってダンス関係のアニメとしか受け取られない。

 

 ただ、Cパートで思いがけない画がみられた。もしかしたら、すごいタイトル回収があるのかもしれない。

 


○ストーリー

 人間が減少し、異形のモンスターが跋扈する世界。

 人間の生活空間は、移動要塞。

 主人公は、戦士になりたい、片腕を失った少女―――――

 どこにでもある話だ。ここからの、オリジナルな展開に期待したい。

 

f:id:wegowalk4:20200710202606p:plain

 なんて観ていたら、Cパートで・・・・?!

 

 ちょっと次回が楽しみになってきた。



○キャラクター

f:id:wegowalk4:20200710202517p:plain




 主人公は、明るく前向きで性格が良いので、好感が持てる。
 義手以外、あんまり特徴がないけれど。

 カブラギさんは、修理工をやっていながら、実は有能な戦士。
 そして、何やら秘密がありそう。

 

 今のところは悪くない。 


○声優

 みんなイメージどおりで文句なしの演技。
 まぁ、最近は下手な人をみつける方が難しいけど。



○作画

 作画のクオリティには文句なし。

 カットも多く、丁寧に時間をかけて制作されていることが伺える。

 戦闘シーンは、かなり動きが激しいけど、何をやっているかは分かる。

 素晴らしい出来。


○演出

 デカダンスの変形シークエンスはかっこいい。

 ただ、大型のモンスターを目の前にして、やることが多すぎ。

 変形シークエンスを、今、モンスターが黙って眺めてるんだろうなぁ、なんて思うと、ちょっと萎えてしまう。


○総評

 作画のレベルが高い。

 そして気になるのがCパート。

 

 ここから化けてくれることを期待して、しばらく視聴を継続する。