深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ワンダーエッグ・プライオリティ 第2話 感想 脚本家のセンスの是非


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 とにかく、このアニメは、作画が素晴らしいことこの上ない。

 

 あとは、脚本がそこそこ良いものになれば、傑作アニメになること間違い無しといえる。

 

 ただ、第2話をみた限りでは、作品の面白さよりも、違和感が強く残った。

 

 

f:id:wegowalk4:20210206112130p:plain

 

 まず、第2話の主人公は、第1話とは別人のようだ。

 

 第1話では、コミュ力のない消極的な引きこもりだったのだが、第2話では、積極的に人にからんでいく上に、熱血キャラとでもいうべき状態に変貌していた。

 

 ここは、何か心情的な変化を書くとか、それなりの根拠をもたせないと、違和感が残ってあまり物語に入り込めなくなってしまう。

 

 

f:id:wegowalk4:20210206112413p:plain

 それと、主人公のキメ台詞が「トサカにきたぜ!」って、ちょっと古すぎだ。

 なんの脈絡もないし、不自然でもある。

 

 脚本家の野島 伸司さんは名作ドラマの脚本家だ。

 でも、アニメははじめてだから、少しアニメの脚本に不慣れなところがあるのだろう。

 それと、57歳と若くはないから、センスもちょっと古くなっているのかもしれない。

 

 次も観てみるけど、ここから面白くなってくれるだろうか。