深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム 感想 見どころは多い。だがしかし・・・


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20220206190749j:plain

 

 スパイダーマン ノー・ウェイ・ホームを映画館でみてきた。

 

 アメコミヒーローの中では、アイアンマンとスパイダーマンが自分の2トップ。

 

 トム・ホランドスパイダーマンはけっこうお気に入りだったので、今回もかなり期待していた。

 

 その感想を一言でいうと、タイトルのとおり。

 見どころは多い。だがしかし、脚本がいまひとつ、といったところ。

 

 

 以下、ネタバレの感想へ続く。

 

 

 まず、悪いところから。

 とにかく、脚本が気に入らない。今回の騒動は、ピーターとドクターストレンジの壮大な自作自演であり、自業自得といった印象が強かった。

 

 特に、メイおばさんが死んだあたりは完全にピーターの配慮不足だ。

 

 あんな危険な連中とメイおばさんを一つの部屋に収めるとか、ちょっと考えが甘すぎやしないか。

 

 とにかく、もっとピーターがこの状態におかれることが「しょうがない」という手順を踏んでほしかった。

 

 ついでに、脚本長すぎ。途中、何度か眠たくなった。

 

 次によいところを。

 

 アクションシーンはやっぱり素晴らしいの一言。

 

 高速道路のシーンとか、スパイダーマンVSドクター・ストレンジのシーンは思わず声が出てしまうほどの迫力だった。

 

 それと、今回のお祭り要素は実に良かった。

 映画の情報はまったく仕入れてなかったので、トビー・マグワイアスパイダーマンや、アメイジングスパイダーマンからのキャラクターが登場したところは良い意味で意表をつかれてしまった。

 クライマックスで、スパイダーマン3人が揃ったところは、思わず顔がにやけてしまった。

 

 残念なのは、自分はアメイジングスパイダーマンはあんまり好きじゃなかったので、全然キャラクターを覚えていなかったことか・・・。今からでも、見直してみるかな。

 

 それにしても、スパイダーマンのキャラクターは、みんな若々しかった。年齢を重ねていたのは、トビー・マグワイアぐらい?

 

 オズボーン役のウィレム・デフォーさん(御年66歳!)の迫力と存在感は別格だった。

 

 それと、MJ役のゼンデイアさんは、ますます綺麗になった。

 初代スパイダーマンアメイジングスパイダーマンの不満なところはMJがイマイチなところだったんだけど、ゼンデイアさんのMJはかなり良い感じ。

 

 と、色々書いたけど、もしかしたら新旧3人のスパイダーマンを揃えるために、色々苦心した脚本だったのかな。

 見終わったときの満足感はそれなりにあったので、やっぱり映画館に行ってよかったかもしれない。