深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



色づく世界の明日から 第6話 感想 違和感ありあり


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


作画はホント素晴らしい。

f:id:wegowalk4:20181116230754p:plain

ancb002496

 

ストーリーの幹は、なんらかの理由で色を失った瞳美が、どうやってその色を取り戻すか、ということなんだろう。

そして、それに葵が抱えている問題もからんでくるらしい。

 

そのへんは、なんとなく分かる。 

 

しかし、どうもストーリーの組み立てかたがしっくりこなかったり、登場人物たちのセリフや行動に違和感を感じたりする。

 

特に、瞳美が葵の画の中に入ったあとの、「葵のセリフ」は、これで良かったのだろうか?

f:id:wegowalk4:20181116231841p:plain

葵「俺、全部話さなきゃいけないの?カウンセリングでもするつもり?魔法使いって、何様?」

 

ここで葵と瞳を衝突させる必要があったんだろうけど、このセリフじゃなきゃダメか??

単純に、好感度がだだ下がりである。

もともと、この葵というキャラクターは全然掘り下げられていないし、こんなことを言う理由も示されていないので、嫌なイメージしか残らない。

 

例えば、「やがて君になる」では、「死んでもそんなこと言われたくない」というセリフが出てくる。しかし、そのセリフを言う「先輩」のキャラクタは十分に描かれているし、姉さんの事故死という背景が描かれているので、違和感は無い。

 

「色づく」に話を戻す。

さっきのセリフに加えて、葵と瞳美が再会したときの葵のセリフも。常識としておかしい。

 f:id:wegowalk4:20181116231910p:plain

「俺・・・描くから!」

 

・・・まずは、謝るべきだろう・・・?

 

製作者側の、このあたりのセンスと言うか、感覚が解せない。

 

もともと、瞳美がこの時代に送られてきた理由も不明だし、色がつかないことのデメリットも、はっきりしない。

葵は、瞳美そんな状況になっていると知っているにも関わらず、なにか行動を起こそうとしない。

それどころか、葵の画が突破口になりそうなのに、先程の「魔法使いって何様?」とか言う始末。

 

このあたりは好みかもしれないが、困っているヒロインがいれば、それを助けようとするのが主人公の役目じゃないのか・・・?

 

葵が画を描けない理由が深刻なものであれば、このあとはもっとドラマチックな展開になるかもしれない。

しかし、ここまでの展開を見る限り、あまり期待はできないかもしれない。

 

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1