深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ウマ娘 プリティーダービー 第1話、第2話 感想 ただの販促アニメじゃない


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20180402203829j:plain

(あらすじ)

「日本一のウマ娘」を目指すため、トレセン学園へ転入してきたスペシャルウィーク。初めてのレース観戦でサイレンススズカに心を奪われた彼女は、スズカのチームに入部を希望し、入部テストを受けるのだが……。

 

アニメ「ウマ娘」は、Cygamesが贈るメディアミックスコンテンツ『ウマ娘 プロジェクト』の一つである。

 

umamusume.jp

 

 

ゲームと一緒につくられるアニメには、あまり良いものがあった記憶が無い。

 

ゲームには力が入れられるものの、アニメについては「販促」的な意味合いが強く、たいてい、時間と予算が無い中で脚本がつくられるので、つまらないものになってしまうことが多いのである。

 

ところが、「ウマ娘」第1話、第2話は実によくできていた。

 

SFまでは行かないまでも、こういった非日常系のアニメでは、まず、世界観をみせることが必要だ。

ウマ娘では、レースのことを何も知らない主人公が初めてレースをみるシーンを入れることで、ナレーションなどに頼らず、説明っぽくなることなく、このアニメの世界観を説明できていた。

 

次は、登場キャラクターをいかにわかりやすく紹介するかという課題がある。こういったゲームでは登場キャラクターが多くなるもので、必然的にアニメに登場するキャラクターも多くなってしまう。ゲームならいいが、リアルタイムで観なければならないアニメでは、いかに視聴者を混乱させずにキャラクターを紹介するかが難しいところだ。

 

f:id:wegowalk4:20180402204000j:plain

ウマ娘では、こんな感じでテロップを多用して、キャラクターを紹介する手法を取っていた。また、今の所、キャラクターは多いものの、ストーリーにはあまり関係ないので、第1話、第2話を見る限り、「お前誰だ?」的な混乱は特に無かった。

 

f:id:wegowalk4:20180402204045j:plain

一方で、ハルウララという、分かりやすいキャラクターをつくっているところも、キャラクター設定のセンスを感じる。

 

また、1話、2話では主人公スペシャルウィークのバックボーンにスポットを当て、主人公を立てることにも成功している。

 

このように、話の作り方とか、キャラクターの説明の仕方とかの上手さは、同じゲームの販促アニメ刀使ノ巫女とは一線を画している。

 

そしてこのアニメの最大の特徴はなんといっても、

f:id:wegowalk4:20180402204138j:plain

このウイニングライブであろう。

これには度肝を抜かれたと言うか、もう笑うしか無いし、良いアイディアだと思う。

 

f:id:wegowalk4:20180403202352j:plain

第2話のオチでもこのウィニングライブを上手く使っていた。

 

このアニメの脚本を書いている人は誰か分からないのだが、なかなかのやり手なのではなかろうか。

 

画についても、さすが、P.A.WORKS。作画も安定しているし、動画の動きも良い。

 

競馬については全然詳しく無いので、アニメをみている限りではわからないが、このウマ娘には、実際の競馬の史実が盛り込まれているらしい。

 

第1話、第2話を見る限り、Cygamesはかなり力を入れて、このアニメをつくっているようである。

 

あとは、なにか1本ストーリーの柱があれば、もっと面白くなりそうだと思う。

今の所、スペシャルウィークが日本一を目指すという目的があるけれど、それでは少し弱いような気がする。

 

とりあえず、しばらく視聴決定である。