深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ゾンビランドサガ 第7話 感想


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


面白かった。

 

笑いあり、涙あり、クオリティの高いライブ映像あり。

 

ほとんど文句の無い神回。

f:id:wegowalk4:20181116214514p:plain

前回は、それぐらいで・・・と思ったが、「アイドルは雲の上の存在であるべき」という、「昭和のアイドル」純子の行動は、非常に納得できる。

 

一方で、トラウマをかかえる愛。

f:id:wegowalk4:20181116214619p:plain

 

どうやって解決するのかな、と思っていたら、ここで巽幸太郎乱入!

f:id:wegowalk4:20181116214800p:plain

巽幸太郎「「バリケード作るのはゾンビィに襲われる側じゃい!」

 

なかなかの名言だと思う。

こういう気の利いたセリフが多いのも、このアニメのいいところ。

 

f:id:wegowalk4:20181116214827p:plain

純子を説得する巽の言葉は、かなりの説得力があった。

普段はネタ枠だけど、やるときはやるこのキャラクター、かっこいい。

 

 

 

f:id:wegowalk4:20181116214912p:plain

f:id:wegowalk4:20181116214921p:plain

f:id:wegowalk4:20181116214934p:plain

これはもう、ほんとに笑った。

いい話になると思っていたので、完全に不意をつかれた。

 

f:id:wegowalk4:20181116221118p:plain

最後のライブシーン、これまでの違って、かなりクオリティが上がっていた。

わざとなのか、それともここに照準を合わせてきたか?

 

f:id:wegowalk4:20181116221204p:plain

若干もらい泣きしそうになった。上手く行ってよかったねぇ。

 

しかし、7話でこの盛り上がり。

最後は、どんなふうに盛り上げてくれるのか、今から楽しみだ。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ