深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ 第12話(最終回) 感想 相変わらずの作風


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 撮りためていた「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」を、正月休みを利用して一気に観た。

 

 すごい面白かったか?と言われると微妙。

 

 「それおかしいんじゃない?」とツッコミたい箇所は非常に多すぎる。

 f:id:wegowalk4:20210103201709p:plain

 

 例えば、ベルと戦姫とミノタウロスのパワーバランスが明らかにおかしい。

 

 戦姫とミノタウロスは互角、ベルと戦姫はベルが圧倒的に不利だったら、ベルはミノタウロスには全然敵わないんじゃない?実際に負けたけど。

 

f:id:wegowalk4:20210103201730p:plain

 

 ヴィーネたちの運命がどうなるか?というところが気になっていたのと、なんだかんだいって、魅力的なキャラクターが非常に多いので、なんとか最後まで見続けたという感じだ。


 もっとも、このアニメは最初からそんな感じ。

 ベルが「出会いが無い」といいつつ、ヘスティア様とすでに出会ってるし。

 

 このアニメは、ストーリーをつむぐんだけど、色々なアイディアをぶちこみ、強引にオチまで持っていくようなイメージがあるんだけど、ぎりぎり見過ごせる範囲におさまっているので、なんとなく観続けてしまうという、稀有なアニメと言える。

 

 とはいえ、作画は相変わらず安定しているし、戦闘シーンの作画の気合の入り方はなかなかのもの。

 

 OVAが出るようだけど、機会があったら観てみたい。