深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



takt op.Destiny 第1話 感想 ここからの展開に期待


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20211008212657p:plain



 TVアニメ「takt op.Destiny 」(タクトオーパス デスティニー)は、DeNAバンダイナムコアーツによるメディアミックスプロジェクト『takt op.』タクトオーパスの一つである。

 

 このアニメと合わせ、スマホゲームも配信される予定らしい。

 配信予定は2021年内とのことだが、まだ配信されていないらしい。あと3ヶ月切ったけど大丈夫?

 

 さて、こういうメディアミックスで展開されるアニメは、だいたい面白くない。

 脚本が付け焼き刃で、つまらないものになってしまうからだ。

 

 とはいえ、たまに面白いものがあったりもする。代表的なものをいえば、ウマ娘とか。

 

 

 では、takt op.Destinyの第1話はどうか。

 

 個人的には、やっぱりイマイチ、といった感がある。

 

 第1話は特に突っ込みどころが多い。

 なんでそんなところに調律されたピアノがあるのか。

 音楽で戦うというけれど、指揮者が音楽を奏でるのはほんの少しの時間。

 人が地面に落ちてめり込むとか、古いギャグだなぁ。

 

f:id:wegowalk4:20211008212756p:plain

 

 脚本は広井王子さん。

 サクラ大戦は面白かった。

 定評のある脚本家だけど、さすがに衰えがみえるかな。

 

 作画は文句なしに素晴らしい。

 さすが、MAPPAMADHOUSEが組んでるだけある。

 

 ここから、脚本が面白くなってくれば、今期の覇権を取れるかもしれないけれど・・・

 はたしてそうなってくれるかどうか。

 

 とりあえず、期待をこめて、しばらく視聴を継続する。