深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



Deep Insanity THE LOST CHILD 第1話 感想 脚本がめちゃめちゃじゃないか


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20211020190534p:plain

  TVアニメ『Deep Insanity THE LOST CHILD』は、スクウェア・エニックスによるメディアミックス作品『Deep Insanity』(ディープインサニティ)の一つである。

 

 漫画は面白い。ミステリアスな雰囲気があるし、世界観もわかりやすい。ちゃんと「LOST CHILD」している。

 

 アニメの方の良い点は、まず作画が良いところだろう。

 SILVER LINK.さんは、良い意味で独自の色をもちつつあるな。

 あとは、武器がかっこいい。

 

 良いところは以上。

 

 やっぱり、メディアミックス作品にありがちなことだけど、脚本がよろしくない。

 

 昔は、ゲーム販促アニメやメディアミックス作品は、たいていのものがダメだったが、最近はけっこうみられる作品も多くなってきた。

 

 しかし、「Deep Insanity THE LOST CHILD」の第1話は、ちょっとセンスがずれているというかなんというか。

 

 まず、主人公の動機がいただけない。

 

 「ヒーローになりたいから」というのが志願した理由だけど、それが普通にイタい。

 あのCMをみて、なんでヒーローになれると思ったのもよく分からない。

f:id:wegowalk4:20211020191334p:plain

 それにこの失神シーンもよく分からなかった。

 

 こういうときに失神し、戦闘シーンで活躍すれば、某鬼滅キャラのように人気が出るとでも思ったのだろうか。

 

f:id:wegowalk4:20211020190534p:plain

 それと、ヒーローになりたくて志願したのだから、主人公はアサイラムにもぐって、異形をやっつけるために来たのかと思ったんだけど、主人公はこの異形の存在を知らないとか。

 

 脚本家さん、ほんとに大丈夫??

 

 調べてみると、脚本を担当しているのは、下山健人氏。

 

 なんか見覚えがあるなと思ったら、デスマーチからはじまる異世界狂想曲の脚本書いた人だった。

 

 天下のスクエニさんのメディアミックス作品なんだから、ちゃんとお金をかけて、良い脚本家を連れてくるべきじゃないかな・・・。