深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



takt op.Destiny 第2話 感想 アニメファンは置いてけぼり


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 第1話を経て、第2話は過去編であった。

 

 まずは良いところ。

 

 画はホント素晴らしい。ピアノのシーンもかなり力を入れて描かれている。

 クラシック音楽が惜しみなく流れるので、そのあたりはみていて楽しい。

 

 

 

 だが、ストーリーでは、世界観の説明が足りなかったり、その世界観の中でのキャラクターの行動がおかしかったりで、軽く視聴者が置いてけぼりになるような展開だった。

 

 f:id:wegowalk4:20211023075614p:plain

 

 一つは、このコゼットが「運命」に生まれ変わる(?)シーン。

 このペンダントがなんなのか一切触れられていないので、みているこっちとしては「?」となってしまう。

 

 

f:id:wegowalk4:20211023080207p:plain

 もう一つは、このD2とイベントの関係だ。

 

 

f:id:wegowalk4:20211023080400p:plain

 冒頭で、なんとかという組織がD2の危険性を訴えているのに、イベントをやってしまおうってのはいったいどういうことなのか。

 

 みているこちらとしては、あまりに危険なイベントなんじゃないか?

 という疑問が湧いてくる。

 

 どうせなら、冒頭の組織が、「D2はすべて駆逐した!もう、世の中は安全だ!」と言わせておいて、実はそれは嘘だった、とかしたほうが面白かったのでは。

 

 そこんとこ、どうなんですか、広井王子さん。