深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



古見さんは、コミュ症です。 第21話 感想 控えめに言って最高


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ




 すごく良かった。

 

 古見さんに出てくるキャラクターは個性的なのが多い。しかし、佐々木あやみさんと加藤三九二さんは、一見普通の女子高生。原作を読んでいるときは、この二人と古見さんを組ませて、どうやって話を展開するのかと思った。

 

画像

 ところが、普通の女子高生キャラクターと組ませることで、逆に古見さんのキャラクターが生きて、さらに只野くんへの恋心まで浮かび上がらせるという意外な展開をみせた。

 

 

 そして、一見普通のキャラクターと思わせておいて、実は一芸に秀でている佐々木あやみさんのインパクトはかなりのものだった。

 

 最後には只野くんとのエピソードで終了。

 この秀逸な原作をアニメ化した第21話は、作画も演出も構成も完璧。原作ファンとして、控えめに言っても最高の出来であった。

 

 それにしても、このころの原作は、只野くんと古見さんのエピソードがバランスよくあったんだよな・・・

 最近の原作はそのあたりが物足りないので、もっとそういうエピソードを増やしてほしかったりする。