深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



よふかしのうた 第13話(最終回) 感想 コウくんは、ちょっと異常じゃない?


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ




 TVアニメ「よふかしのうた」が無事最終回を迎えた。

 

 素晴らしいアニメを作ってくれた、関係者、アニメ化スタッフ、声優のみなさま、良いアニメを大変ありがとうございました。

 

 

 

 

 とにかく、作画が素晴らしかった。紫と青を基調とした色使いは実に美しく、この画をみるだけで30分を費やす価値があった。

 

 ストーリーもかなり良いもので、第1話からのワクワク感は半端なかった。

 

 だがしかし。

 

 最終回は、若干いらつくところがあった。

 

 やっぱり、主人公のコウはどっかおかしい思う。あれだけ可愛くて魅力的で、しかもコウのために命を掛けているなずなを好きにならないのは不自然すぎる。

 

 アニメや漫画では、女子から好意をもたれているにも関わらず、それに気づかない鈍感主人公がいるけれど、コウに関してはちょっと異常な域にある。

 

 このアニメの原作は、13巻まで続いている。この状況から、いったいどんな話を展開しているのやら。こんな感想書いておいて言うのもあれだけど、2期がみてみたい。

 

 最初に書き忘れたけど、なずなをこれ以上無いぐらい魅力的に演じてくれた、雨宮天さんに天晴です。