深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ID:INVADED 第1話 感想 問題点がいくつか


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


id:INVADED イド:インヴェイデッド』は、あおきえい氏が監督、ミステリ作家の舞城王太郎氏がシリーズ構成と脚本を務めるオリジナルアニメである。

 

f:id:wegowalk4:20200110202944p:plain

冒頭で、いきなり主人公がバラバラになる展開や、

 

f:id:wegowalk4:20200110203120p:plain

犯人が、被害者の「隙間?」に隠れていたというアイディアが面白い。


ただし、色々と問題が多いように思う。

 

第1に、津田 健次郎さんの声が、絶望的に合ってないということだ。

第1話が終わっても違和感は拭えなかった。

f:id:wegowalk4:20200110203403p:plain

どうみても10代かハタチそこそこのキャラデザに対して、48歳の、そして癖のある演技をする津田 健次郎さんを当てたのは、どう好意的にみてもミスチョイスだ。

第2に、タイトルが分かりにくい。

この深夜アニメが反乱する中、視聴者に興味をもってもらうためには、タイトルをアニメの内容がイメージできるものにすべきである。

これまでに多くにアニメをみてきたが、よく分からない英語のアニメが面白かった試しがない。

英語にするとしても、なじみの深い単語を使用するべきだ。

 

第3に、ちょっとセリフのセンスがイマイチだと思う。

このへんは好みにもよる。

 

 

f:id:wegowalk4:20200110204422p:plain

例えば、主人公が記憶を徐々に取り戻していくときに、

「おれは名探偵」って言ってしまうところとか。

 

f:id:wegowalk4:20200110204528p:plain

全然違うのに、密室と言ってしまうところとか。

謎の期間の所員たちのセリフも、中二病過ぎてちょっとイタい感じがする。

 

セリフ選びや動画のセンスが正直いまひとつ。

 

ただ、画は比較的良いし、コンセプトは面白いので、もう少し視聴を続けることにする。